teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ITO先生を囲む会

 投稿者:MM  投稿日:2012年 9月15日(土)22時35分55秒
  ごごご無沙汰しております。

突然ですが、9月23日(日)17時より、上野にてITO先生を囲む会が催されます。
日研の方々が幹事です。
参加できる人、武藤までご連絡下さい。
masatoman0414@softbank.ne.jp
 
 

日時決定

 投稿者:MM  投稿日:2012年 3月12日(月)01時56分21秒
  伊藤先生を囲む会、以下のように決定しました。
3月31日(土)17:30~
くいものやわん上野中央通り店(2時間)
3500円
参加者は現在6名(28期から4名)

みなさんのメールアドレスを把握していないため、連絡不行き届きでまことに申し訳ありません。
この掲示板を見て、参加できるという人がいたら、武藤までご連絡下さいまし。
今後、同期のメールアドレスを再確認したいです(泣)
 

伊藤先生と呑みませう

 投稿者:MMメール  投稿日:2012年 2月28日(火)02時18分11秒
  ご無沙汰しております。

2012年3月31日(土)夜
上野界隈にて

伊藤先生を囲んで飲むというイベントの話が立ちあがりました。
27期は私が取りまとめることになっておりますが、みなさんのメールアドレスが分からないので、とりあえずここに載せます。

3月4日(日)までに出欠を確認するそうなので、どうかお便り下さいまし。

上野から遠い方も多いとは思いますが、可能な方はぜひご一緒しましょうー。

取り急ぎご連絡にて!
 

筑社会

 投稿者:MMメール  投稿日:2011年 7月25日(月)22時36分34秒
  下記の案内がきましたよーー。

取り急ぎご連絡にて。


このたび谷田部会長から納涼会をやろうという提案がありまして、筑社会の納涼会を開催したいと思います。皆様のお越しをお待ちしております。

8/1(月) 17:15目黒駅中央改札集合

目黒駅周辺のお店で17:30~

ご参加いただける方は、7/28(木)までに真柴(11期)までご連絡下さい。お近くの方にお声かけいただけると幸いです。よろしくお願いします。 真柴koyamassy@hotmail.co.jp

 

世界史資料集作成(募集)

 投稿者:MMメール  投稿日:2011年 6月13日(月)11時53分11秒
  ご無沙汰です。
6月は1年で一番疲れがたまりやすい時期ですね。休日はないし、行事があったり、部活の引率があったり、生活指導があったり。。。
震災から3カ月ですが、どうにも落ち着かないですね。かりゆしウェアで何とか乗り切りたいものです(嘘)。
さて、第○学習社より、高校に勤務している人に世界史の資料集を作る人を募集しているそうです。
希望があれば、ご連絡ください。
取り急ぎご連絡まで。
 

祝!

 投稿者:MM  投稿日:2011年 5月 6日(金)09時28分19秒
  日社学の学会誌に、篠○君の論文が掲載されています。
これ、全国誌で、査読付き論文だから、すごいことっす。
機会があれば、同期のみなさんでお祝いしたいですね!
ワタクシは、「俺も俺も」と思いながら、現実に埋没しております。。。
取り急ぎ報告まで。
 

日社@つくば

 投稿者:MM  投稿日:2010年11月17日(水)00時23分26秒
  日社行ってきました。

土曜の朝イチで懐かしの「つくば号」に乗り、大学まで。
初日の自由研究発表は、やはり社会科教育史ブースに。
森○さん、篠○くんの発表を聞くことができました。
午後のシンポ(持続可能な社会と社会科教育云々)はサボタージュして(汗)、つくばを散策しました。
銀杏並木がとてもきれいでした。
懐かしの「cafe journal」や、大学図書館でゆっくり過ごして(総会もスルーして 汗)、懇親会から再び参加。
個人的には、学芸大の気鋭の研究者(前回紹介した方)に挨拶、懇談できたことがとても刺激的でした。

僕が教育研に入る前、千葉の高校で関わった生徒が大学でこの先生にお世話になっており、そのお礼にと挨拶したのですが、初対面の自分に対して、社会科教育の研究について、30分以上熱く語ってくれました。熱い!とにかく熱い!
(『社会科教育研究』110号の≪論考≫の3本目、是非ご覧下さい。唐○先生の自主ゼミで読んだ「Democratic Education for Social Studies」も参照されてます。疑問点もありますが、社会科研究者としての「熱さ」がビンビンに伝わってきます。)

夜は、土浦○大時代の友人(元同僚)とデイズタウンの串焼き屋で歓談。自分が関わった生徒が最上級生で、進路も決まりつつある時期で、様々な近況を聞きました。

2日目。
前○君の発表を拝聴しました。修士論文の成果をベースに、実際に現場で取り組んだ実践を紹介する、という良心的かつ意欲的な発表で、好評を博しておりました。あり得ない科目数をこなす「ビバ総合学科」に勤務しながら、このような研究を発表された姿勢は、素晴らしいと思います。また、彼の発表を聞きながら、現場にいながら歴史(社会科教育史)研究を行うことの意味を問い直された気がします。

午後は課題研究。
歴史教育のブースは超満員で、資料が足りなくなる程でした。
新学習指導要領に即したテーマ(「生徒がみずから考え、表現する歴史学習」)でしたが、指導要領に依拠したものや、それを相対化しようとする単元開発など、3者3様の報告がなされ、活況を呈しておりました。

で、終了後は大学前から「つくば号」に乗って帰宅。
車内で、茨○先生からいただいた『歴史学研究』の抜き刷りを読みました。
熱い!

いつも思うことですが、発表なしでの参加は、傍観者としての自分が情けなくなります。
森○さんは、「埋もれとるわ~」と自嘲されてましたが、それでも史料収集を続けながら報告される姿勢を見て、改めて刺激を受けました。(森○さんの発表には、教育史の平○先生が見えていたとのこと!自分は気付きませんでした…)
逃げちゃだめだ。逃げちゃだめだ。
来年は北海道教育大での開催だそうです。全社は広島大。

内容に関する報告がまったくなくて誠に申し訳ないです。。。
 

あ、そうだ

 投稿者:MM  投稿日:2010年11月 2日(火)01時24分50秒
  宮崎の御方が、かつて担任の件で貴重な書き込みをされていましたね。

公立では、残念ながら(本当に残念ですが)、ラクをしたいから担任したくなーい、とか、自分の異動のタイミングをはかって、今はヤダ、とかいうわけのわからない論理を振りかざす人がいます(表立っては言いませんが)。

私学では、管理職のわけのわからない論理で担任がはずされることもしばしば。僕も、尊敬する先生がいきなり担任外された状況を幾度か見て来ました。その被害にあった先生は、「担任の任は『忍』ですねえ」と言っていました。

どちらも残念至極な状況ですが、やはり前者の方がタチが悪いと思います。

それは、担任を持つのだ、という気概は、何より生徒に一番伝わるのだと思うからです。

@宮崎さんの思いは、必ず生徒に伝わっていると思います。
 

全社と日社

 投稿者:MM  投稿日:2010年11月 2日(火)01時02分3秒
  まずは近況。

刺激的な日々を送っております。1学年の担任をしていますが、やっぱり教師は担任持ってナンボですね。
前職の私学の先生(元同僚)が、定時制を見学したいということで、本校にお招きするという出来事もありました。職場を転々としてきましたが、今でも交流させてもらえているというのは、有難いことと感謝しています。
定時制でいえば、ポレポレ東中野で「月明かりの下で」というドキュメンタリー映画が封切られ、埼玉の定時制が紹介されています。あまりに僕の勤務校と酷似していたため、感情移入しすぎて冷静に見れませんでしたw でも、教師の対応、考え方等は、見習うべき点が多かったように思います。単館上映ですが、全国を回るということなので、お近くで上映された際には、是非ご覧ください。
http://tsuki-akari.com/)←予告編観れます。
また、昨年度本校に招いた映画「フツーの仕事がしたい」の監督は、今も全国の中高大学で積極的に上映会を行っているので、機会があったら是非。本校の生徒も、食い入るように見ておりました。(http://nomalabor.exblog.jp/)←予告アリ。

えーと、私生活では変化ありません。異常なし(笑)。


では、本題。
全社に行ってまいりました。@同志社大学。
シンポジウムでは、K木先生の報告も聞けたし、内容も面白かったです。
広大出身の研究者が、全社のありかたを痛烈に批判しているラジカルな議論が刺激的でした。
例えば学芸大の先生(僕と同じ年!)の先生曰く、「全社で『これこれこういう授業が良い授業だ。これができないのは教師の力量がないからだ』というのは、押しつけであり、こういうことをしていてはいけない。研究者は、教師が授業をする条件整備(勤務状況や、給与体系も含む!)を踏まえて政策提言するくらいでないといけないのでは!」
また、社会科教育史の先生は、「すべからく今の教育に資するように擦りよらなくても良いのではないか。華やかな教育論がどういう役割を担ったかを、歴史(戦前)が警告しているではないか」。
(・・・じゃあ、何で社会科教育の学会が「西」と「東」で分かれているんだ??w)

こじか君の研究、社会科教育のみならず、今こそ振り返るべき内容を持っているのではと感じました。かくいう自分は、来年度更新講習です。廃止を期待して今年度は様子見でスルーしていたので、来年度受講できなければ「失職」します(笑)。さっさと仕分けして欲しいものですな。

社会科教育史のブースでは、広大の先生が、全社の御大の見解を180度否定する見解を、新史料を基に発表されました。かいつまんでいうと、22年版と26年版の指導要領は、「継続」しているのではなくて「転換」なんだと。それを当事者の上田薫も長坂端午もその後言わなかった(「初志をつらぬく会」等の事情もあり)が、そのときは確かに「転換」だったということを示す資料を、11年越しで国会図書館のマイクロフィルムから発見、ワシントンの公文書館にも足を運んで確かめた、という内容。マニアックな興奮が会場を包みました(笑)。

今回僕は、金曜の22時に職場を出て夜行バスに乗り、人生初の大阪に寄って、日曜の夜行バスで帰り、月曜にそのまま仕事という突撃参加でしたが、行って良かったです。

このような刺激を得ることができたのも、皆さんとの「対話」があったからこそと、改めて貴重な経験に感謝する次第です。同時に、相変わらず日々の生活に汲汲としている自分にカツを入れたい気分です。悶々恍惚。

で、今度日社がつくばでありますね。

前○くんも発表しますし、篠○くんの発表もあります。歴ゼミの先輩、大○さんは、伊藤先生のご指名で、課題研究で発表されます。
個人的には、「中高生が学ぶ現代日本の『貧困』」というタイトルの発表は是非聞きたいと思っています。

27期のみなさんとお会いできることを切望しております。

毎度のことながら、まとまりのない長文でスミマセン。
 

すっかりご無沙汰です。

 投稿者:MM  投稿日:2010年 7月10日(土)23時36分49秒
  みなさまお久しぶりです。

気が付けばもう夏休みの時期に来てしまいましたね。
僕は今年度からいよいよ忙しくなってきて、仕事のうち「探し物」の占める割合が順調に増えてきております。みなさまはいかがでしょうか?

遅くなってしまいましたが、「九州プラン」参加表明します。バイクでの参加ということで。実現できたら嬉しいですね。

さてさて、歴史ゼミの集まりが今年もあります。I・J師を囲んで近況報告など致しましょう。
すでにメールで告知させていただいている人もいますが、この案内をみて、ビビっときたら是非MMまでご連絡ください。


日程:7月25日(日)
時間:18時~(2.5時間)
会場:月の雫 上野駅アトレ2階
会費:3500円(飲み放題)
参加者:歴ゼミ通信購読者(22期~30期)

 最終受付は23日までとのことです。


 さらーに!

 7月17日(土)は「中社」の例会がありますね。
 M嶋くんと参加する予定です。

 取り急ぎ、ご報告まで(^-^)/
 

遅レス失礼

 投稿者:ADA恥  投稿日:2010年 5月15日(土)00時42分26秒
  九州プランを、少しマジメに練ろうかと思ってたら、
ズルズルと時が流れてしまいました。
ごめんなされ。



全然具体性のあるプランじゃないですが、
先日SAKU氏と飲んだくれてた時の放談では、

【部活等の忙しくない時期に】


1.東京辺りから、車で皆を拾いながら宮崎へ往復。最低3日間はかかりそう。

2.車拾いと現地集合を併用し、大阪南港から強襲揚陸艦『さんふらわあ』で九州上陸。宮崎で一泊のち博多辺りで解散

3.新幹線や飛行機で、博多に現地集合。飲んで翌日現地解散の一泊ツアー

(下の方ほど現実的)
辺りが上がってきました。




乗っかる人、いません?
 

おいでませ九州へ!

 投稿者:@宮崎  投稿日:2010年 4月25日(日)19時59分44秒
  >ADA恥さん

返信ありがとうございます!!
まだまだ自分の中で葛藤や悩みは尽きないのですが、
筑波でがんばった日々を励みにして、
今の自分のやるべきことを精一杯やっていきます!!

あぁもう、ぜひぜひ九州に遊びにきてくださいよ!!
博多なんてもう私の庭ですから!!(言い過ぎ)
九州のうまいもの、案内しますよ~♪
学生時代のようなアツくて濃ゆい話がしたいです!!
私も今年は進学指導部に席を置いている関係で、
東京出張のチャンスがあるみたいです(付属校の本部に)
そのときは皆さんにもぜひぜひお会いしたい!!
また連絡しますね☆
 

北国→静岡

 投稿者:ADA恥  投稿日:2010年 4月14日(水)08時42分38秒
  一学期始まる前の連休を利用して、
北陸ツアーに行ってきました。
SAKU先生と酒が飲めて超嬉しかったです。
ありがとう!

>宮崎の御方
早速煽りに乗っていただき、ありがとうございます。
細かい事情は分からないですが、
担任の件は凹みそうですね…
ここのみなさんの話を聞いてる限り、
僕は相当恵まれた環境にいると思いますが、
それでも理不尽を感じることもあります。
手塩にかけて2年を育てても、
3年になると全部非常勤講師に引き継がされたりだとか、
どう考えても授業のことが分かるとは思えない経営者に授業力判定会をされ、
給料が決定されたりだとか、
まあ、日々死ねばいいのにとか思いながら生きてますw
着任一年目に、先輩から
「塾講師に取って、細かいことを気にしないのが、長く続けるには必要なスキルじゃないかな」
と言ってもらえたので、
これを糧にして救われた面もでかいですね。
@宮崎様も、(理想を追求する姿勢は捨てるべきでないと思いますが)
まったり頑張っていただければと思います。

えらそうに意見してすんません orz

つーか、SAKU氏と飲んでた時に、
「もっと旅しなくちゃ」
「じゃあ、TKBメンツを拾いつつ、みんなで宮崎行く?」
て話になったので、
そのうち押し掛けるかもしれませんw
そしたら、愚痴でもいいので、飲んでくれると嬉しいス。


>各位
てことで、
現時点ではまだ妄想プランですが、
2ないし3連休が取れそうな機会があったら、
博多辺りに現地集合現地解散でやりませぬか?
SAKU氏は、
夏休み・冬休み前の部活忙しくない時期ならいけるかも、とのことでしたが。
 

南風

 投稿者:@宮崎  投稿日:2010年 4月10日(土)19時45分20秒
  久々に掲示板をのぞいてみました!
ADA恥さんからのお誘いを見たら、書かずにはいられない!ということで近況です。

今年度は2年連続でもっていた担任をはずされました。
理由は私にあるんですけど、
それ以外にも
「学級担任としての力量に欠ける」と校長先生に言われてしまいました…
特に去年の1年は自分なりに一生懸命クラス経営をしてきたつもりだったので、
3月末にはかなり落ち込んで、
4月に入ってやっと精神的に立ち直ってきたところだったんですけど、
始業式が始まり、今日は入学式で、
生徒と楽しそうに話している担任の先生方を見ていると、
やっぱり、心にぽっかりと穴が開いたような気分になります。
正直めちゃくちゃ悔しい。
でも、この状況を作り出した自分の行動には全く後悔はないので、
ひとまずは、今年度は教科指導に全力を尽くして、
学校から求められる「結果」(=センター試験の点数)を出すことを目標に、
でも、その「過程」には社会科教育の本質をめちゃくちゃ織り込んで、
「地理が大好きな生徒」をバンバン育てていきたいなぁと思っています。

地理教育論とか、金曜の社会科教育法(とか何とか)の授業時のレジュメは、
今読んでも本当におもしろいし、勉強になる。
まさしく私の財産です。
みなさんと一緒に勉強できてよかったなぁって心から思います。感謝!

MMさんがおっしゃるような状況はまさにうちにもあるなぁ。
明らかにおかしいことを、あるべき姿にもっていこうとする力や意見が、
一部の人たちによって完全に崩されてしまう。
納得のいかないことだらけです。
ちょっと前はそんな環境が嫌で嫌でしょうがなかったし、
自分が理想主義すぎるのかと悩んだ日々もあったけど、
最近は職場の同僚とそんな愚痴を言い合いながら、「学校とはこうあるべき」と
理想を語り合うのが楽しいなぁと思っています。
理想を追い求めることこそが教育の原点だ!と自分に言い聞かせて。

本当に愚痴になっちゃったよ…
暗い感じですみません!しかも長い!
今年度は世界史Aも担当するので、
またちょくちょく授業の仕方とか相談させてください。
がんばっていきましょう!
 

新学期ですね

 投稿者:ADA恥  投稿日:2010年 4月 9日(金)10時46分26秒
  うほっ…
また懐かしいネタですね>Д

こっちは一応新学期始まりましたが、
忙しくなるのは、来週の火曜くらいからッスねー。
(登録人数の関係で)開講できるか怪しい講座もありましたが、
どうにか閉鎖ナシで始められそうです。
卒生の授業も一つだけ持つことになったし、まずは幸先いい感じですかね。



最近また、ここの掲示板が僕とMMさんの間欠チャット状態(笑)で寂しいですね。
皆さんの近況を教えてくれるとうれちいです。
愚痴とか書いちゃおうぜ?
 

良いこと言うなあ。。。

 投稿者:MM  投稿日:2010年 4月 9日(金)00時04分39秒
  連続で失礼します。

私学から公立への転身で、それも定時制ということで、さまざまな刺激を受けていますが、1年経過して、やはりさまざま思うところはあります。

最近はストレスを自覚することがありますが、その要因は生徒ではなく、同僚だったりします。
小さな職場なのですが、肝心なことが一向に決まらないとか、一部の我儘で全体に影響を被るとか、声の大きな人の意見がほぼ無条件に通るとか、、、。
民主的な運営を、とか、人権、という言葉は、ある力をもってその場を制圧してしまうような気がして、うむー、と考えさせられることが多いです。

そんな時、送られてきた「全社学」の学会誌にKING氏が寄稿した書評に、こんな言葉がありました。

「合意の強制」ではなく、「非合意の共生」に「寛容」である人間、そのような人間こそを、これからの社会科では育成すべきであろう。

「合意の強制」って、大人の社会でもよく見られませんか?

KING氏の言葉に、「なるほどなあ」と思いつつ、育成する側の人間の在り方も考える必要あるなあ、と感じました。
(「非合意の共生」→「非合意との共生」?)

教育行政においては何をかいわんや。。。


愚痴でスイマセン ( ´Д`)
(ADA恥くん、ロシア語と顔文字の話、使わせていただきました。好評でしたw)
 

年度末ですね

 投稿者:MM  投稿日:2010年 3月27日(土)12時33分45秒
 

テンションあがる情報ではないですが、近況報告をば。

4月から1年生の担任です。
東京都が定時制をバンバン減らしている影響で、新入生が増えており、定数オーバーの32人学級となりそうです。
インド、ベトナム、中国、ネパール、フィリピン、NZと、多文化化も進んでいます。やんちゃな子も多そうです。4月から一気ににぎやかな職場となりそうです。

3学期はゲストティーチャーを招くイベントを何回か開催しました。
僕が主に関わったのは2つです。1つは、土屋トカチさんという映画監督を招いて、映画上映会&トークを行いました。
「フツーの仕事がしたい」という映画ですが、これはかなり良かったです。
この監督は、「あしがらさん」の飯田監督と共同で事務所を持っていて、今学校での上映に力をいれているようです。機会があったらぜひ。
予告編↓(貼れるかな?)

<object width="380" height="325"><param name="movie" value="<param">http://www.woopie.jp/swf/ChannelPlayer-embed380.swf"></param><param</param"> name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="flashVars" value="video_id=d12beb2f1da7b83e"></param><embed src="http://www.woopie.jp/swf/ChannelPlayer-embed380.swf" type="application/x-shockwave-flash" allowfullscreen="true" width="380" height="325" flashVars="video_id=d12beb2f1da7b83e"></embed></object>

もうひとつは、東京の満蒙開拓団経験者を招いての講演です。
事前学習の際には、「義勇軍」のレジュメを超参考にさせてもらいました。
この機会に、僕も色々勉強できたのは収穫でした。
内容が少し複雑で難しくなってしまったので、要反省。外部からのお客さんの方が生徒よりも多かったです(汗)

1年振り返って、いろいろありましたが、とても充実していて楽しかったです。
都教委の硬直ぶりには相変わらず辟易ですが、今年で定年の校長はとっても良い人で、恵まれていたなあと思います。

また情報交換などしたいですねー。
 

 

2月ですね

 投稿者:ADA恥  投稿日:2010年 2月 9日(火)16時52分20秒
  可愛いガキどもは、まだ受験の真っ只中ですが、
僕の方はそろそろ直前講習の類も収束してきました。
いかがお過ごしでしょうか。
僕は紀伊半島一周ツアーをしてきましたが、
帰宅したら、仕事場の机に
論述添削の束と、
春期・一学期テキストの校正原稿が
山のように積み上げられていて死にたくなりました。
皆さんも進級や卒業が絡んで色々と面倒くさい時期でしょうか。
何かテンションの上がる話があったら教えてください。
でわ。
 

2010年ですね。

 投稿者:MM  投稿日:2010年 1月23日(土)01時19分17秒
   ご無沙汰しております。

 みなさん新年はいかがお過ごしですか?
  ADA恥くんはいよいよ忙しそうですね。


 僕は過日、「定通教育指導体験発表会」で発表してきました。

 余裕を持って早めに家を出たつもりでしたが、僕が思い込んでいた集合時間は、「参観者の受付開始時間」であって、「発表者の集合時間」は、それより1時間前であることを見事に見落としておりました。

 駅から会場までダッシュしながら、M1の時の超苦い出来事を思い出してしまいました。
 (嗚呼、創氏改名…)

 何とか発表は出来ました。
 学校設定教科・科目(「多文化理解」(世界と出会う))の実践報告です。
 ミャンマーから「難民」として来ている生徒と話し合いをして、ミャンマーと日本の関係について考える、という内容です。

 しかし…

 いい歳こいて、相変わらずの体たらくです。

 2010年は、自虐ネタではじめてしまいました(恥)

 もっと気を引き締めんと、ダメだらあ。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:ADA恥  投稿日:2010年 1月 8日(金)10時30分3秒
  「出遅れたかッ?」
と思いましたが、なんと2010年初書き込みですねw
今年もよろしくおねがいします。
皆様三学期が始まって忙しい頃でしょうか。
小生はまだ冬期講習中ですが、
「学校→昼の授業に間に合わない→夜に補講」
のコンボを食らい、
実質1コマ増えて悶絶しております。


>MMさん
そういえば、ちゅーしゃの後、
ト●ザワ様から「ハレーム先生」という題名のついた画像を頂戴しました。
院生とかに囲まれて超幸せそうなMMさんのお顔が印象的でございましたw
 

レンタル掲示板
/6